ウーマン

敏感肌化粧品を購入すれば違いが一目瞭然!

肌に合わせた選び方が大事

化粧品

刺激を与えないことが大切

敏感肌化粧品を選ぶ際のポイントは、やはり成分です。敏感肌と言っても色々なタイプがあり、とにかく色々なものに反応してしまうタイプから、特定の成分を刺激として捉えてしまうタイプ、季節の変わり目や特定の時期だけ、普段より敏感になってしまうタイプまで様々になります。その時々の状態に合わせて、化粧品も選んであげることが大切ですが、共通して言えることといえば、肌にとって刺激となる化粧品は避けることです。敏感肌化粧品と書かれてあれば、多くの敏感肌の人にとって刺激となる成分が使われていなかったり、なるべく優しく、肌に負担のかからない成分を配合し、作られている商品が多くなります。けれど、実際に合うか合わないかは、使用する人それぞれの状態や状況によって異なってきますから、過信せず、パッチテストなどで様子を見ることも大切です。また、敏感肌化粧品の場合、敏感肌の人にも安心して使ってもらうという部分に重きを置いていることが多いと言えます。即効性が高かったり、肌トラブルへの効果を期待した商品選びをしてしまうと、やはり強い成分が配合されたものになってしまいますし、肌への負担も増えてきますから、注意が必要です。敏感肌化粧品を利用する場合、今以上に症状を広げないこと、肌の状態を整え、改善していくことを目的とした選び方をするのが良いかもしれません。そして、徐々に商品を変更したり、ラインナップを変えるといった様に、肌の様子を見ながら、少しずつ利用して行くのがお勧めです。

レディ

バリア機能を改善させよう

敏感肌化粧品の特徴はバリア機能の改善に欠かすことのできない保湿成分の配合と、刺激の排除にあります。肌にやさしい成分が多く配合されているので、刺激に敏感な方でも肌トラブルを起こす心配が少なくなっています。こうした化粧品を上手く使って継続的にケアを行うことが大切です。

ウーマン

肌を刺激から守るアイテム

敏感肌化粧品は、肌に刺激を与えず、不足している成分を補うのが基本です。水分と油分量の低下によって、様々な刺激に影響を受けやすくなっているので、敏感肌化粧品に刺激となる添加物は入っていないほうが安心して使えます。

スキンケア用品

健康な肌を取り戻すために

敏感肌は肌の角質層を潤すセラミドが不足している状態です。敏感肌化粧品はこのセラミドを補うことで、肌本来のバリア機能を取り戻します。肌に負担となる成分を避けているので弱った肌のケアにも安心して使えます。美白ケア用品の併用は肌への刺激を増やしてしまうので、敏感肌化粧品の使用中はお休みしましょう。